Twitter ユーザー情報を読み込めません 凍結, 内閣官房副長官 古谷, 炭治郎 両親, 冨岡義勇 羽織 あつ森, エヴァ 初号機 イラスト かわいい, Countifs 複数列 Value, Twitter 制限に達しました, オセルタミビル 作用機序, うろこだきさこんじ 折り紙, 鬼滅の刃 考察 上弦, アンハサウェイ レミゼラブル, ミスシャーロック 3話 無料動画, 美食探偵 最終回 漫画, 美食探偵 ドラマ キャスト, スパイダーマン 名言, イヌブナ 花, タイプ 類語, 梅ちゃん エール, サイモン ゲーム, オランダ 首都 ハーグ, 山崎育三郎 ファンクラブ, 赤木 ナオコ, " /> Twitter ユーザー情報を読み込めません 凍結, 内閣官房副長官 古谷, 炭治郎 両親, 冨岡義勇 羽織 あつ森, エヴァ 初号機 イラスト かわいい, Countifs 複数列 Value, Twitter 制限に達しました, オセルタミビル 作用機序, うろこだきさこんじ 折り紙, 鬼滅の刃 考察 上弦, アンハサウェイ レミゼラブル, ミスシャーロック 3話 無料動画, 美食探偵 最終回 漫画, 美食探偵 ドラマ キャスト, スパイダーマン 名言, イヌブナ 花, タイプ 類語, 梅ちゃん エール, サイモン ゲーム, オランダ 首都 ハーグ, 山崎育三郎 ファンクラブ, 赤木 ナオコ, " /> Twitter ユーザー情報を読み込めません 凍結, 内閣官房副長官 古谷, 炭治郎 両親, 冨岡義勇 羽織 あつ森, エヴァ 初号機 イラスト かわいい, Countifs 複数列 Value, Twitter 制限に達しました, オセルタミビル 作用機序, うろこだきさこんじ 折り紙, 鬼滅の刃 考察 上弦, アンハサウェイ レミゼラブル, ミスシャーロック 3話 無料動画, 美食探偵 最終回 漫画, 美食探偵 ドラマ キャスト, スパイダーマン 名言, イヌブナ 花, タイプ 類語, 梅ちゃん エール, サイモン ゲーム, オランダ 首都 ハーグ, 山崎育三郎 ファンクラブ, 赤木 ナオコ, ">

未分類

Twitter ダウンロード

投稿日:

Over my head the pine branches meet in arches of kindly green……underfoot a lundred layers of pine needles have been weaving a carpet……(そして今、私は世界でもっともすばらしい書斎で書いています。頭上にはカラマツの枝が快い緑のアーチをつくっています。……足の下には百層にもなるカラマツの葉が敷物を織りなしています……), Like all historical places, Karuizawa retains a certain charm, and in summer its ancient groves are the favourite haunt of the nightingale(úguisu), ……(すべての歴史的な土地と同様に、軽井沢は特定の魅力を保有していて、夏にはその古代の森がナイチンゲール(, ゴルフ場からニューグランドへの、清流に沿うてゆるやかにうねり行く山腹の道路は、どこか日本ばなれのした景色である, 流人のように惨めな境遇に落とされたにも拘らず、軽井沢に移った当初わたし達は、まことに快適な愉しい気持になれたのでした。……折からの新緑に包まれていた風光は中部, われわれの士気にもっと悪い影響を及ぼしたものは、われわれ追放者たちが毎日-そして毎夜-感じていた身の不安であった。戦争が刻々日本へ迫って来るにつれ、特高は増々神経を尖がらせ、誰も彼もが皆容疑者になってしまった。……だが、軽井沢の住人は概していつでも友好的であるか、少なくとも外国人に対しては無関心であったことを強調して置きたい。, 軽井沢の隣人としては私は西洋人の方が好きである。この高原の習ひとしての色彩でもあるし、井戸端会議的に家のなかを覗かれなくて気楽だからでもある……, やがて日本人の贅沢な避暑地となり、外人も大公使館員や商人が入り込むにつれて、宣教師達の山小屋風の別荘は追々日本人の手に買い取られてゆくけれども、秩序と公徳とを尊ぶ宣教師達の美風は残つてゐて、今も割と静かな賑わひである。, There are two churches, simple, but well appointed, a tennis club, golf links, stables for horses, and two or three large hotels, which give good accommodation.   練習に励んでいたそうです。 軽井沢(かるいざわ)は、長野県東信地方の佐久地域にある地名である。一般的に長野県北佐久郡軽井沢町の旧軽井沢地区(ウィキ座標、旧軽井沢メインストリートも参照)、あるいは軽井沢町全体を指す。土着の読み方では「かるいさわ」で、アクセントは平板型である。, 軽井沢という地名は、長野県内においては北佐久郡軽井沢町のほか上田市真田町大字傍陽字入軽井沢、長野市信更町大字田沢字軽井沢の例があり、長野県外では青森県八戸市松館、秋田県大館市、秋田県由利本荘市(旧由利町)、山形県上山市、新潟県長岡市、千葉県鎌ケ谷市、神奈川県横浜市西区(北軽井沢・南軽井沢)、静岡県田方郡函南町、奈良県生駒市など各地に存在する。語源については諸説あり判然としないが、古語・方言で荷物を背負って運ぶことを「かるう」ということから、峠に続く谷間のことを呼んだという説や、枯井沢(水の枯れた沢)という説がある[1]。, 江戸時代には、五街道のひとつ中山道が通る宿場町であり、中山道の難所のひとつとして知られる碓氷峠の西側の宿場町として栄えていた(碓氷峠は、江戸よりの隣の宿場町、坂本宿との間)。軽井沢付近には軽井沢宿(旧軽井沢)のほか、沓掛宿(中軽井沢)・追分宿(信濃追分)が置かれていた(この3宿をまとめて「浅間三宿」という)。また、浅間山を望む景勝地としても有名であった。その後軽井沢宿・沓掛宿は洪水や火災に遭った上、大規模開発もあり、宿場町時代の街並みは失われている。史料もほとんど伝わっていない。中山道と北国街道の分岐点であった追分宿は、宿場町の面影のある街並みや史料が残っており、往時の様子を知ることができる。, 江戸幕府が倒れ明治時代に入ると交通事情が変化し、参勤交代もなくなったため、全国の宿場町は没落していった。軽井沢においては雨宮敬次郎が開墾事業を計画するなどしたが、地域は衰退していった。1884年(明治17年)には(新)碓氷峠を越える碓氷新道(現在の国道18号)が開通。軽井沢宿は新道のルートからも外れ、宿場町としての機能を失った。しかしその後、1885年(明治18年)夏にカナダ人の聖公会宣教師アレクサンダー・クロフト・ショーが、友人の帝国大学(東京帝国大学)英語講師ジェイムズ・メイン・ディクソンと酷暑の東京を逃れ、たまたま軽井沢を訪問。高林薫平の居宅を借り受けて7月から8月まで滞在した。ショーは軽井沢の冷涼な気候や風土が故郷のトロントと似ていると感じ、「屋根のない病院」と呼んだ。軽井沢が「保健休養地」を称する所以である。ショーはディクソン夫妻を伴い翌年夏軽井沢を再訪した。, 1888年(明治21年)に日本に滞在していたカナダ人の宣教師ショーは「つるや」(現在のつるや旅館)の主人の佐藤仲右衛門の斡旋によって旧軽井沢の大塚山に軽井沢初の別荘を建設した。保養地・避暑地としての軽井沢の歴史を切り開いた。別荘第1号は、民家を移転し、改造したものであった。その後この別荘は日本基督教団軽井沢教会の敷地内に移築保存されていたが、1986年(昭和61年)に再び移築復元され、ショーハウス記念館としてショー記念礼拝堂の裏に現存する。, また1888年(明治21年)9月には碓氷馬車鉄道が官設鉄道横川駅から軽井沢駅間に開通。同年12月には官設鉄道信越本線が長野方の上田駅から軽井沢駅まで延伸された。軽井沢に鉄道が到達し、碓氷新道(国道18号)近くに軽井沢駅が開業した。更に1893年(明治26年)には馬車鉄道に代わり、アプト式ラックレールを採用して急勾配の碓氷峠を越える官設鉄道碓氷線が開通し、東京方の上野駅と直結した。以後軽井沢駅が地域の玄関口として機能するようになり、駅前に商店が増えた。新道や鉄道が通じている軽井沢駅周辺が地域の新たな交通の中心となり、次第にこれを「新軽井沢」と呼ぶようになった。これに対し軽井沢宿の旧道界隈を「旧軽井沢」と呼ぶようになり、今に至っている。, 江戸時代後期に開業するも宿場の衰退により休業していた旧軽井沢の旅籠「亀屋旅館」の主人佐藤万平(初代)は、ディクソン夫妻から洋食や外国人の生活習慣を習得し、1894年(明治27年)、軽井沢で最初の洋式ホテル「亀屋ホテル」(後の万平ホテル)を創業した。その後、1899年(明治32年)には「軽井沢ホテル」、1906年(明治39年)には「三笠ホテル」も開業して宣教師・知識人・文化人の間で人気を博し、日本三大外国人避暑地の1つに数えられるようになった。1900年代に入ると貸別荘やホテルなども増え始めた。ショーが宣教師であったことから、他の外国人避暑地に比べ宣教師が多く訪れ、キリスト教の色合いが濃い保養地となった。当時設立されたキリスト教会が現在も活動しており、米国人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計した軽井沢ユニオン教会(1918年(大正7年)に建築された教会)、日本基督教団軽井沢教会(1929年(昭和4年)に建築された教会)など外国人ゆかりの教会建築が軽井沢の各地に現存している。ヴォーリズも夫妻でたびたび軽井沢を訪れており、教会以外にも軽井沢会テニスコートクラブハウスや医院など幾多の建物を手掛けた。ヴォーリズの手になる別荘も数棟残っており、現在も使用されている。, 鉄道が開業する以前の軽井沢には日本人の別荘はなく、碓氷峠を挟んだ東側の霧積温泉が日本人向けの避暑地として開かれていた。霧積温泉に療養に来ていた海軍大佐八田裕二郎(後に衆議院議員)が峠を越えて軽井沢を訪れ、高原の気候や外国人と交流できるこの地を気に入り、土地を購入。その後1893年(明治26年)に旧軽井沢に別荘を建設した。この「八田別荘」が軽井沢初の日本人所有の別荘であった。その後八田は日本人に避暑や転地療養先として軽井沢を紹介し、別荘を建てることを勧めた。1916年(大正5年)のダニエル・ノルマンや島田三郎等による「財団法人軽井沢避暑団」の設立(1942年(昭和17年)、「軽井沢避暑団」と「軽井沢集会堂」が合併し「財団法人軽井沢会」となる)に加わり世話役を務めるなど、終生避暑地軽井沢の発展に関わる活動を展開した。軽井沢避暑団はサナトリウム(避暑団診療所。のちマンロー病院)を開設し、結核患者の転地療養を支援した。ヴォーリズが手掛けたサナトリウムの建物は既に残っていないが、「八田別荘」は建築当時の場所に現存している。, こうして軽井沢は箱根や大磯に続き新興の別荘地として成立し、その起源から西洋風且つキリスト教の色彩が強い独特の雰囲気を持つ避暑地となっていった。政治家・財閥・華族等のエスタブリッシュメントや学者・文化人など西洋文化の洗礼を受けた日本人の間で軽井沢は「日本の中の西洋」と目された。彼らが外国人を真似て西洋風の避暑や別荘レジャーを楽しむ地となり、ショーや他の宣教師達、あるいは八田が建てたような簡素な住宅ではなく、瀟洒な洋館を建てる者も現れた。時代の変遷によりそのような洋館の多くは無くなったが、旧徳川圀順(水戸徳川家)軽井沢別荘(後に田中角榮家別荘となる。公益財団法人田中角榮記念館所有。非公開)など数棟が現存している。1923年(大正12年)には室生犀星がまだ学生だった堀辰雄を伴って軽井沢を訪問している。日本三大外国人避暑地のうち他の2地域とは異なり、旧軽井沢は日本人にも開放されていた。旧軽井沢は宿場町であり、日本人の往来は元々あったが、第一次世界大戦による大戦景気以降はついに外国人避暑客より日本人避暑客の方が多くなり[2]、大手資本による周辺地域の大規模開発、一般向けのレジャー用の贅沢品の一種としての別荘販売に結びついていった。, 1909年(明治42年)、草軽電気鉄道の前身となる「草津興業」が発足。同社はスイスの登山電車のように高原や温泉へ避暑客・湯治客を運ぶとともに、貨物輸送を行って地域の発展を図ろうとする趣旨から創立された。1913年(大正2年)に軽井沢駅に隣接する新軽井沢駅から旧軽井沢駅(開業時は旧道駅)までの区間と北軽井沢駅(開業時は地蔵川駅)を経由して草津温泉駅に至る軽便鉄道の敷設に着手し、1915年(大正4年)には小瀬温泉まで、1918年(大正7年)には北軽井沢まで開業。1926年(大正15年)には草津温泉まで55.5kmに及ぶ高原鉄道が全線開通した。路線の延伸と並行して沿線地域が次々と開拓されていった。1912年(大正元年)に半田善四郎が土地分譲・別荘分譲を開始。1916年(大正5年)には貿易商野澤組の野澤源次郎が軽井沢にて転地療養したことをきっかけに別荘地開発に乗り出し、旧軽井沢の旧中山道沿いに約200万坪の土地を取得。ホテル鹿島ノ森の敷地内の湧水「御膳水」を源とする小川(雲場川)をせき止め人造湖「雲場池」を造成、「健康保養地」と称し別荘の分譲を行った。雲場池の周りにホテル・ゴルフ場・市場・遊歩道・並木道等が整備された。この一帯は「野沢原」と呼ばれるようになり現在に至っている。, 1918年(大正7年)には、堤康次郎による西武資本(1920年(大正9年)、箱根土地株式会社設立)が、大字長倉沓掛区有地坂下ほか公有林・原野60万坪を3万6千円(1坪5銭)で買収。傘下に株式会社千ヶ滝遊園地を設立し、開発に参入。沓掛宿周辺を「中軽井沢」と称して旧宿場町北側の千ヶ滝を整備、大規模な別荘地の販売や鉱泉の掘削、ホテルの営業を開始した。箱根土地が当初手掛けた物件は山荘というより簡易で手狭な山小屋程度の物であったが、都市部の富裕層を中心に人気を呼び、軽井沢は避暑地として賑わいを見せるようになった。箱根土地は軽井沢町内から嬬恋村への道路整備に着手し、1928年(昭和3年)にバス路線(「高原バス」。1958年(昭和33年)、西武バスに吸収され西武高原バスとなる)を開設、1933年(昭和8年)には有料道路鬼押ハイウェーを開通させた(後述)。更に信越本線沓掛駅(後に中軽井沢駅と改称)から千ヶ滝を経由し、北軽井沢・鬼押し出し・万座温泉・草津温泉方面への高原鉄道の敷設や温泉の引湯:なども計画したが、これらは実現に至らず終わっている。, また箱根土地は1921年(大正10年)、大字発地の原野や湿地86万坪を買収、これを「南軽井沢」と称して別荘地・ホテルの他競馬場・飛行場(いずれも後にゴルフ場となる)などを建設し、開発の手を広げていった。南軽井沢は平坦な土地であったが湿地の改良整備が難航し、開発は遅れた。しかし戦後にはゴルフ場の開業に至っている。一方東急資本も戦前から軽井沢の開発に参入し、1945年(昭和20年)には草軽電気鉄道を傘下に収めた。戦後の復興を背景に西武資本と東急資本による軽井沢を舞台としたリゾート開発競争が激化していくことになった。, 大正時代には箱根土地や東急・野澤組・三井・鹿島建設など、単に別荘を建てて売るのみならず、レジャー施設建設など総合的な大規模開発を手掛け始めたが、こうした業者の手が入って別荘地となった山林や原野の周囲にも、かつては元々の住民がおり、別荘地の中にも不動産登記上は未だに小字が残る通り、農家があり耕作地もあった。しかし元々耕作には適さない不毛の荒地ばかりで、湿気や厳しい寒さなど、農業を生業として日々暮らしていくには気象条件も悪かった。宿場町も機能を失って旧来の商業は衰退していたことから、東京の業者が乗り込んできて開発の話が出ると、地元住民は一斉に家や土地を手放し、補償金を手に軽井沢を離れて行った。千ヶ滝は集落全体で箱根土地の買収に同意し、旧住民全員が転出している。, 代わって別荘利用者相手に商売をする人々や、別荘地の諸施設・ホテル等に勤務する人々などが転入し、新たな地元住民となった。新住民流入により軽井沢の人口は増加し、1923年(大正12年)8月1日、北佐久郡東長倉村が町に昇格。避暑地軽井沢が広く世に知られるようになったことから、町制施行に際し「東長倉」の呼称を廃し、軽井沢町となった。それまで個人に林間の土地や物件を販売し、買い手が自分で別荘を建て、また管理することが基本であった別荘地分譲においても、大手資本が開発に参入し広大な土地を押さえるようになると、分譲後も管理事務所や管理請負会社を運営して別荘の建物からライフライン・道路(私道)・別荘分譲地全体の環境などの維持を行い、その他別荘利用者にサービスを提供する「管理別荘地」が増えて行った。また昭和初期には「南原会」など自然を残し商業施設やレジャー施設などを設けない別荘地も生まれ、学者や文化人らが集まり、文化村と呼ばれた。このような別荘地は戦後も独自の取り決めなどを設けて鄙びた雰囲気を維持し、未舗装道路もそのまま残している。, 在京資本以外では、中軽井沢で温泉を掘削し1914年(大正3年)に温泉旅館「明星館」(その後、星野温泉ホテルを経て星のや軽井沢となる)を創業し、別荘地開発も手掛けた星野嘉助による星野遊学堂(その後、軽井沢高原教会となる。1921年(大正10年)創立)を中心とした文化活動や、中西悟堂と星野によるエコツーリズム「ピッキオ」の活動も戦後の軽井沢のリゾート地としての発展の基礎を築いた。中西は1934年(昭和9年)、日本野鳥の会を創立し初代会長となった。1951年(昭和26年)には浅間鳥獣保護区が国の指定となり、1974年(昭和49年)には星野温泉に「国設軽井沢野鳥の森」が開かれた。星野温泉は戦後株式会社化され、1995年(平成7年)、エコツーリズムの理念を受け継ぐ[3]リゾート運営会社星野リゾートとなった。国内外に事業を展開し、大手資本の一角を形成するに至っている。, 第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)末以降に本土への空襲が増加した後は、中立国や同盟国の大使館の多くは、軽井沢や箱根などの別荘地にあるホテルへ疎開して活動した。特に、これらの中立国と枢軸国の約300人の駐日外交官と2000人以上の一般外国人の疎開地となった軽井沢では、三笠ホテルに外務省軽井沢出張所が設置され、1944年8月には民間の貸別荘だった深山荘にスイスの公使館が置かれる事となった。, 戦後の1951年(昭和26年)、一連の特別都市計画法の一つである「軽井沢国際親善文化観光都市建設法」により軽井沢町は別府・熱海・伊東・奈良・京都・松江・芦屋・松山と共に国際観光文化都市に指定され、国の支援も受け軽井沢のリゾート開発は引き続き進展した。1956年(昭和31年)には西武資本により「軽井沢スケートセンター」(2009年(平成21年)3月31日閉鎖)と「南軽井沢ゴルフ場」(1971年(昭和46年)に軽井沢72ゴルフの一部となる)が開業。1961年(昭和36年)からは国土計画興業株式会社(1944年(昭和19年)、箱根土地が社号変更)が南軽井沢の更に南に広大な土地を取得。高度経済成長期以降の国民の余暇を課題とする国策を背景として、リゾート開発構想を立案した。軽井沢湖(南軽井沢湖)と称する人造湖(1963年(昭和38年)造成。1974年(昭和49年)からレマン湖と称する)を中心とした大規模別荘地「レイクニュータウン」の造成を1964年(昭和39年)から開始。レマン湖には島を設け、湖畔にホテルや夏期のみ季節営業を行う商業施設、西洋風庭園を整備するなど大掛かりな工事を行った。国土計画は三越百貨店と提携し、三越店舗でレイクニュータウン別荘地を分譲販売した。旧軽井沢や千ヶ滝に比べ割安(とは言え十分贅沢品の価格)であったこともあり、高度経済成長と相まって、生活に余裕が出たサラリーマンなど中間層を中心に飛ぶように売れ、別荘ブームが起こった。岡田茂が社長に就任した三越は1974年(昭和49年)、レマン湖畔に季節営業の支店「三越ファッション館」を開業し、軽井沢の地に進出するに至った。フランスの古城・シュヴェルニー城を模したという従来の三越店舗には例のない建物で、その豪壮な外観は投資額の大きさを象徴するものであった(建物は店舗撤退後解体され現存せず)。1970年代には夏のレマン湖畔はペンションブームで活況を呈していた旧軽井沢メインストリート(旧軽井沢銀座)と肩を並べるほどに大勢の人出で賑わった。, 1972年(昭和47年)2月のあさま山荘事件の舞台となった河合楽器健康保険組合「軽井沢保養所浅間山荘」もレイクニュータウンにあった(事件後建物は大幅に改装され現存。犯人グループは妙義山から佐久市方面に逃亡しようとしていたが、道に迷った挙句、オフシーズンで店舗は営業しておらず客も全くいないレイクニュータウンに偶然出てしまった。当時のレイクニュータウンはちょうど開発されたばかりで、犯人グループが所持していた地図には載っておらず、自分達が今いる場所が軽井沢であるとは当初分からなかったという。事件後の1973年(昭和48年)、レイクニュータウン北側のニュータウン区入口に「浅間山荘事件記念碑(治安の礎)」が建立され、あさま山荘事件十周年記念樹が植えられている)。千ヶ滝では西武百貨店軽井沢店(その後1980年代に撤退。建物は西武商事運営の千ヶ滝ショッピングプラザとなるがこれも1990年代に閉店。建物も解体)が季節営業を始めたほか、1961年(昭和36年)に地元住民の手により造成された人造湖である塩沢湖(アイススケート場)の一帯が整備され、1971年(昭和46年)には「塩沢遊園」が開園(1983年(昭和58年)に「塩沢湖レイクランド」となり、レジャー施設が造られた)、別荘利用者相手の商業施設が増えて行った。他にも大手の三井不動産・丸紅・野村不動産、新興の紀州鉄道なども別荘地開発を手掛け、軽井沢町内各所に別荘地が林立する状況となった。別荘ブームによる開発の結果、軽井沢町は多額の固定資産税等の収入を安定して得られるようになり、町が日本有数の財政力を有する地方自治体に成長する契機となった。, 戦後満州からの引揚者が千ヶ滝の西側、追分の北側の浅間山麓のカラマツの原生林に入植し、荒野を開拓。畑作を行った。入山峠から南軽井沢・発地地区や後に塩沢湖が造成される辺りを通る中山道の脇往還「入山道」沿いなどには古くからの農家が点在しており、稲作が行われ、江戸時代以前に遡るような農地もあるものの(発地地区ももともと荒地や湿地が多かった)、浅間山麓は扇状地で水利が悪く、土地も痩せていたため稲作はおろか農業自体に不向きであった。しかし入植者は土地を開墾し、キャベツやレタスなどの高原野菜を生産する農地や牧場を切り開いた。彼らは1937年(昭和12年)、南佐久郡大日向村(後に佐久町大字大日向を経て佐久穂町大字大日向)の分村移民計画により送り出された満蒙開拓移民約690人の内、生きて日本に帰国できた人々とその子孫である。大日向村からの満蒙開拓団は、1938年(昭和13年)に満洲国内に分村を成立させたが、1945年(昭和20年)8月9日のソ連による満蒙侵攻による混乱の中、半数以上が命を落とした。終戦後約310人は日本に生還できたが、満州の分村の家や土地を失った。更に大日向村を離れる際に村の家や土地などを失っていたため村にも帰れず、1947年(昭和22年)、65戸165人が軽井沢に入植するに至ったものである。入植者は開拓地を故郷と同じ「大日向」と命名。大日向神社を祀り、軽井沢町大字長倉の大日向区となった[4][5]。米軍演習地化計画もあったが、別荘ブーム以降大日向区にもリゾート開発の波が押し寄せ、土地が高価格で取引されるようになると離農者が増えた。開拓地を開発業者やホテル、商業施設などに売却したり、建設業や商店主、サービス業に転業・兼業する住民が相次いだ。, 西武資本による大規模別荘地に取り囲まれつつ開拓農地は存続しているが、既に専業農家はなく、大日向区は別荘・保養所・ペンション・テニスコートなどの施設が点在する地域になっている。入植者とは無関係の別荘利用者の定住、他地域からの転入も多くなり、開拓当時の様相は消えつつあるという。入植者世帯の世代交代も進み、満州から帰国した1世から2世は減り、開拓当時には生まれていなかった3世・4世の代になっている。このため入植者世帯の組織「大日向振興会」は入植と開拓の歴史を後世に伝えるため、当時の農機具や生活用品、写真など約160点を持ち寄り、2005年(平成17年)2月11日、大日向公民館内に大日向開拓記念館を開館した。, 1980年代には海外旅行ブームが起こり、それまで軽井沢の別荘・ホテルに避暑・レジャーを楽しみに来ていた層は海外に出掛けるようになっていった。軽井沢は客足が伸びなくなり一時的に寂れ、レイクニュータウンの三越やホテルなども次々に撤退(別荘地自体は存続しており、庭園も維持されている)。同時期に若年層を中心にペンションなどが人気となっていた新興別荘地の清里と比較される程度に別荘ブームは沈静化し、活気を失っていった。その後1980年代から1990年代のバブル期には単なる別荘地・避暑地から行楽地への脱皮、観光地としての充実が図られた。宿場町当時の遺構がほとんど残っていない軽井沢にとって稀少な歴史的建造物の一つである旧三笠ホテルの一般公開を1983年(昭和58年)より開始。また別荘地としての原点であるショーハウス記念館の一般公開も1986年(昭和61年)から行われている。また軽井沢に点在する美術館・文学館・記念館の大半はこの時期に開館しており、国内外の著名建築家などが設計・デザインした特徴的な建造物や西洋風庭園が次々に出現した。塩沢湖レイクランドにも1985年(昭和60年)から1986年(昭和61年)にかけて園内に美術館・文学館が相次いで開館し、1996年(平成8年)には総合レクリエーション施設「軽井沢タリアセン」となった。, 風越公園・ムーゼの森など他のレクリエーション施設の整備も進んだほか、結婚式場・会員制リゾートホテルなど様々な業態の事業者が増加。1995年(平成7年)には南軽井沢のゴルフ場に西武資本の大型ショッピングモール「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」(西武プロパティーズ運営)が開業した。地域の繁栄を維持すべく、一部では商業主義的な新機軸も打ち出され、明治時代以来の西洋風と鄙びた雰囲気を兼ね備えた避暑地の色彩は変容した。国内外からの観光客や買い物客が多くなるにつれ、避暑客や別荘利用者も戻り始め、集客の勢いを取り戻した。別荘の需要も回復し、バブル期には全国的に別荘の価格がつりあがった。大洋村など別荘地ではなかったところにまで開発の手が及び、別荘ブームが再来したが、軽井沢と周辺地域は最も価格が高騰した別荘地であった。また観光客や買い物客が年間を通して訪れるようになったことから、夏期のみの季節営業が多かった商業施設も通年で営業することができるようになり、地域経済の維持・発展に寄与した。軽井沢町は過度な商業化を抑制し、健全な風俗の維持するため条例を制定し、コンビニエンスストアなどあらゆる店舗の深夜営業を規制した。北陸新幹線(長野新幹線)や上信越自動車道の開通により首都圏からのアクセスも短時間且つ容易となり、首都圏の後背地として軽井沢町内全域及び周辺自治体に開発が拡大、日本を代表するリゾート地に成長した。, その後のニーズの変化や長期間に及ぶ個人消費の落ち込みなどから、日本国内全体においては旧来型の浮世離れした避暑や別荘レジャーは終息に向かいつつある。バブル期にみだりに開発を行った新興別荘地は廃れた。大方の別荘は値崩れしている上に売れず、衰退する別荘地も増えている。しかし軽井沢においては未だにバブル的な様相を呈したままとなっており、旧軽井沢など人気別荘地を中心に価格も高値で推移しているほか、なおも新規の別荘地開発が行われている。軽井沢町の産業別生産額構成比と産業別付加価値額は不動産業・サービス業・建設業という別荘・リゾート観光施設に直接関係する3業種のみで8割を越えている状態が長期にわたっており、極めて特徴的な地域経済の様相を見せている。他地域からの転入者や別荘利用者の定住・長期滞在も多くなり、2000年代以降、そうした客を見込んだスーパーマーケット・家電量販店・ホームセンター・ドラッグストア・衣料品量販店など都市近郊と変わらぬチェーンストアが国道18号・軽井沢バイパス沿いに相次いで開業したことにより、山間の別荘地ながら日常生活の利便性が向上した。, 新たに複数の美術館が開館しているほか、2009年(平成21年)には星野温泉に商業施設「ハルニレテラス」、2016年(平成28年)には軽井沢町農産物等直売施設「軽井沢発地市庭(いちば)」、2018年(平成30年)にはしなの鉄道軽井沢駅に駅ナカ商業スペース「しなの屋KARUIZAWA」が開業するなど、集客スポットの充実も続いている。日本が人口減少社会に突入した2010年代にあっても軽井沢町・御代田町の人口は増加している。ただ別荘利用者などの定住・長期滞在はリタイア組が多くを占めており、他地域からの転入者によって予測以上の高齢化が進行している。外国人観光客が増え国際化も進んだが、2016年(平成28年)に国が民泊に関連する規制緩和に踏み切ったことに対し、軽井沢町は民泊やカプセルホテルは「善良なる風俗の維持と良好な自然環境の保全の障害となり、風紀を乱すおそれがある」との理由から、町内全域においてこれらの設置を一切認めない方針を明示、貸別荘についても営業の条件を厳しくした。軽井沢町は2017年(平成29年)、「長く保たれてきた良好な別荘環境を守るため」との理由から、町内全域での民泊通年規制を含む県条例を2018年(平成30年)6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行前に制定することを長野県に求めた。条例による民泊通年規制は事実上民泊全面禁止を新たに法的に定めることになり、民泊新法の趣旨や国による規制緩和の方針に逆行するため、長野県は軽井沢町が求めるような内容を含めることについては厳しい見通しを示していたが、別荘地やスキー場などが所在する他の県内自治体からも民泊に一定の規制を設けるべきであるという意見があり、県は同年2月の長野県議会定例会に条例案を提出した。同年3月、「長野県住宅宿泊事業の適正な実施に関する条例[6][7]」が可決・成立。同月22日に公布された[8]。条例は県が別荘地での民泊営業期間を制限することができる内容を含むものとなり、新法施行日と同日の6月15日に施行される。一方2018年(平成30年)1月、星野リゾートが民泊事業参入を表明、軽井沢町内の自社管理別荘の民泊活用を想定していることを明らかにし、町の方針や条例による過度な規制に反対している[9]。この他にも中国系の業者が参入し不分明な別荘地開発が行われるなど、これまでにはなかった新たな課題も生じている。, 軽井沢周辺の標高は1000メートル前後であり、年平均気温は8.2℃[11][注 1]で、札幌の平均気温8.9℃[13]よりも低い。そのため避暑地として知られ、『日本三大外国人避暑地』の一つに数えられている。この冷涼な気候は古くから心身の健康に良いとされ、前述のとおりA.C.ショーはこの地を「屋根のない病院」と称した。駐日米国大使のエドガー・バンクロフトは、持病を抱えていたため軽井沢にある新渡戸稲造博士の別荘を静養先として利用していた(1925年に別荘で死去)[14]。結核の治療法が無かった20世紀初頭には町内にサナトリウムが設置され、初代院長はイギリス人医師ニール・ゴードン・マンローが務めた[15]。マンローは長らく軽井沢で夏期診療を行なっていたが、関東大震災により軽井沢に本格的に居を移し、通年診療を始める。しかし病院の経営難やマンロー自身の不貞によって、妻のアデルは「軽井沢の冬は寂しすぎる」という言葉を残して、マンローの元を去った[15]。, 碓氷峠による上昇気流の急激な気圧低下によって、1年のうち約1/3が霧に包まれる[17](特に、東の碓氷峠に近づくにつれてその影響は大きくなる)。それは程度によっては一寸先も見えないほど深くなり、当時の細川侯爵邸の手伝いをしていた地元の炭焼きの老人は、しょっちゅう道に迷っていたという[18]。この霧の多い気候を活かして栽培した野菜が『霧下野菜』と名付けられ、2010年に商標登録された[19]。軽井沢町の最も東側に位置する旧軽井沢では、霧の影響で湿度が他地域よりも高くなるため地面や日陰の石などに苔が拡がり、軽井沢の代表的なイメージとなっている。, 冬の降雪量はそれほど多くはなく、年最深積雪量は毎年30cm程度である[11]。かつては冬に軽井沢を訪れる者は少なく、その寂しい様子が夏の賑やかな様子と対比されて小説などに描かれることが多かった。教会の神父や定住している外国人など、冬でも多少は外国人が残っていたため、その静寂で西洋的な雰囲気は堀辰雄らによって叙情的に描写された。1970年代以降は、スキー場が開設されたことや通年営業の店舗が増えたことから冬でも多くの観光客が訪れるようになった[23]。ただしそれでも冬季休業の営業形態を取っている店舗は未だ少なくなく[24]、また別荘客も夏に比べると明らかに減少するため、現在でも冬の軽井沢は閑散とした一面を見せる。, 避暑地草創期であった明治時代の軽井沢は、木々が殆どなく一面野原のような場所であったと一般的に言われている。実際、残されている古写真などを見ると、その多くに木々の少なさを確認することができる。1917年に大隈重信が野澤源次郎から土地を購入した際の登記簿[26]には、現在の泉の里や大隈通り付近が「原野」と表記されているため、行政文書からも樹木が少なく開けた土地であったことがわかる。この風土は現在でも塩沢や発地など、主に町の南側の地域に残されている。, 小説家の徳田秋声は軽井沢を「ぼうばくとした山上の原野であるだけに、伊香保や箱根のようなデリケートな自然の味がない。樹木といえば落葉松にと松と決まっているし、土はまばらで溶岩の粉末を見るようだ。総てはぼうぼうたる草原で、雑木林もあり、水もないことはないけれど要するに大陸的だと思われる。ここを外人が避暑地として択んだのは外人に適しているからなのである。」と記した[27]。, ただし雨宮敬次郎や野澤源次郎、鹿島岩蔵らの尽力によりカラマツなどの樹木は明治期から積極的に植林されており、また外国人避暑客らが自分の庭に環境づくりや生垣としてモミや草花を積極的に植えたことで、今日の多くの道で見られるような並木道が形成されていった[30]。1916年に細川護立と徳川慶久がそれぞれ野澤源次郎から土地を購入した際の登記簿[31]には、現在の田辺レーンや細川レーン付近が大正期の時点で既に「山林」と表記されている。他にも昭和初期の雲場池周辺について、"昭和のはじめのころは人家もまばらでモミやシラカバやカラマツがあたりを支配しており、雲場の池より西南はキキョウやナデシコが咲き乱れる草原であった"といった旨の証言もある[32]。明治期の英国公使夫人メアリー・フレイザーは、かつて旧軽井沢にあった英国公使館別荘の様子を手記[33]に「この家が峠へと続くただ1本の道に近いところにあるとはいえ、緑にすっぽりとつつまれて孤絶している」と記しており、その当時から現在の軽井沢と変わらないような風景が描写されている。また歌人の窪田空穂は、軽井沢における外国人と日本人の好む環境の違いを以下のように記していた。, 『日本野鳥の会』の創設者である中西悟堂は、軽井沢・星野の地を富士山、裏磐梯と共に『日本三大野鳥生息地』と呼んだ[35]。フランス人作曲家、オリヴィエ・メシアンは1962年に演奏会への出演のため初来日し、その際フランスの鳥類学者の勧めで『軽井沢野鳥の森』を訪れている[36]。ここで『七つの俳諧』の中の一曲『軽井沢の鳥たち』が誕生している。初夏になると、カエルのような特徴的な鳴き声を発するエゾハルゼミが高原の夏の到来を告げる。ニホンリスは町内で比較的多く見られ、町獣に指定されている。またツキノワグマやニホンザル、イノシシなどは、人間に危害を加える恐れがあるため、町や、星野リゾートが設立したエコツーリズムの専門家集団「ピッキオ」らによって、日夜観察が行われている[37]。, 前述したような気候風土によって醸し出される西洋的な雰囲気から、日本を訪れる多くの外国人を魅了した。この地に滞在したフランス人は故国のボージュ山脈、ドイツ人はシュヴァルツヴァルト(黒い森)、もしくはバイエルン州、アメリカ人はミシガン州あたりの風景を連想するという[39]。特にA.C.ショーとその友人J.M.ディクソンは、この地を偶然訪れた際に気候と風景をスコットランド或いはカナダに思わせ、その後ショーはこの地を生涯の避暑地とした。ケッペンの気候区分(トレワーサの気候区分)によれば軽井沢は亜寒帯湿潤気候(湿潤大陸性気候)に属し、科学的にはスウェーデンやノルウェーなどの北欧の一部、バルト三国などの東欧などと同じく分類される。町内の景勝地には、かつて西洋人から親しまれた愛称が現在でも呼び名として残っている(離山:Table Mountain、幸福の谷:Happy Valley、雲場池:Swan Lakeなど)。, イギリス人語学者・音楽家のエドワード・ガントレットは、指揮者山田耕作の姉山田恒子と1895年夏の軽井沢で出会い、結婚に至る[40]。ここで山田恒子は日本の法的国際結婚による初の英国籍取得者となった[40]。駐日米国大使を務めたエドウィン・O・ライシャワー(宣教師A.K.ライシャワーの子)と妻の松方ハル(松方正義の孫)は、どちらも幼少期からそれぞれ軽井沢に別荘があり[41][42]、またそのどちらも明治期の建物ながら未だに現存しているため軽井沢に縁の深い夫婦となっている。大使・公使としては他にも、イギリスのヒュー・フレイザーやベルギーのアルベール・ド・バッソンピエール、アメリカのジョセフ・グルーなどが、戦前の夏を軽井沢で過ごしている[43][44][45]。, 戦時中には東條内閣下の公安当局によってスイス・フランス・イタリア・ドイツ・フィリピンなどヨーロッパ、アジア各国の公使館・大使館の疎開先となった[54]。これは当時の使節団の外交高官のほとんどが休暇用の別荘を軽井沢に所有していたためである(もう一つの主要な疎開先は箱根であった)[55]。しかし現在、その歴史が建造物として残されているのは旧軽井沢の三笠地区、前田郷内にある『旧スイス公使館』のみである。『旧スイス公使館』については、当時の軽井沢の地元の人たちは戦前から外国人居住者と接することに慣れていたため公使館やスイス人コミュニティとも温かく接していたと伝えられている[55]。この『旧スイス公使館』から1945年8月10日、ポツダム宣言受諾の打電を連合国側に行ったと言われている[56]。また当時スイスの外交当局が終戦直前2カ月弱の間に19通も「イミュニテ カルイザワ」(軽井沢を爆撃しないでほしい)という謎の電報を送っていることがわかっている[57]。産経新聞は「国体(皇室)をつぶすな」の意で使用していたのではないかとの解釈を示している[57]。, 戦時下は、多くの外国人が敵性国民の疎開先として軽井沢に移り、事実上の軟禁生活を送った。その中には指揮者のヨーゼフ・ローゼンシュトック、ピアニストのレオニード・クロイツァーやレオ・シロタ、野球選手のヴィクトル・スタルヒン、画家のワルワーラ・ブブノワ、ポール・ジャクレー、料理人のサリー・ワイルなども含まれていた[36]。この時期については、軟禁中の厳格な監視下の圧力に加え、戦時中のために食料の供給が十分でなかったことや、軟禁生活の通年拠点が夏仕様の別荘であったことなどから、非常に厳しく過酷な生活であったと伝えられている[58]。この苦々しい出来事が戦後における外国人避暑客減少の理由の一つとも考えられる。ただし、そのなかでもポール・ジャクレーは戦後もこの地を離れることなく、生涯を終える1960年まで軽井沢に残り絵を描き続けた[59]。, 軽井沢は、他のリゾート地(熱海、伊豆、箱根、日光等)と同様に「別荘地」「観光地」「居住地」の3つの性質を持つ地域である。ただし一般的な「居住地」としての用途は低く、「別荘地」と「観光地」が主な面である。他のリゾート地と比べ「別荘地」としての都市イメージが非常に高い地域であり『軽井沢ブランド』とも呼ばれている[62]。, また軽井沢は、飲食店が別荘地内に点在していたり、旅行ガイドブックに掲載されている散歩コースやサイクリングコースが別荘地内を通っていたりと、他の別荘地に比べ混在住宅地の様相を見せている。この構造は、観光客というパブリックな視点が生まれることで住民の生活意識向上、地域のブランド力向上に働く。そのほか観光客へのプロモーション意識が景観維持・都市イメージ維持に貢献するなどの利点がある。しかし一方では地域文化と観光資源の境界が曖昧なために治安悪化や観光公害、オーバーツーリズムなどの影響を特に受けやすく、大衆化・俗化が進行する恐れがある[63](実際には、上記の利点が寄与することからその作用は拮抗することが多く、軽井沢町も条例を定めるなどの対策を講じ過度な商業化の抑制に努めている)。, 大正期以降外国人避暑客は減少傾向を見せ、それと引き換えにして日本人避暑客の来訪は増加していったが、日本人が増えたとは言っても、軽井沢が当時の日本の中で特殊な場所であったことに変わりはなかった[92]。むしろ軽井沢を訪れる日本人は、既に自分たちの意識の中に固定されていた軽井沢のイメージに従って、ここに住む西洋人と同じような生活を演ずる風にさえ見受けられた[92]。軽井沢は日本にありながら日本らしくない土地であり、非日本的イメージを保ち続けた不思議な場所だったのである[92]。, 『旧三笠ホテル』(1906年開業)の廻廊。かつてこのホテルでは舞踏会やパーティーが頻繁に催され、「軽井沢の鹿鳴館」とも呼ばれた[120]。, 別荘『浄月庵』[注 20]。1923年に小説家有島武郎が愛人波多野秋子と心中した舞台として知られている[121]。戦時中には、ベアテ・シロタ・ゴードンの両親であるシロタ夫妻の疎開先となった[122]。, 旧軽井沢メインストリートに面する『つるや旅館』。大正から昭和にかけて多くの小説家が旅館に滞在した。中でも芥川龍之介は1924年夏、アイルランド文学翻訳者として知られる歌人片山広子とこの旅館で出会い、のちに芥川にとって「最後の恋人」とも語られるような間柄となる[123]。, 山奥にあるヨーロッパ調の小さな村に夏、秋の短い期間のみ異国人、上流階級が集まってくるという特殊な状況下であったことから、小説、映画など多くの作品の舞台となり、また実際に多くのエピソードが軽井沢で生まれている。特に、リゾート地開発の一方で室生犀星、堀辰雄、立原道造、川端康成、正宗白鳥といった作家たちによる文学の舞台として軽井沢が描かれたことで、いっそう軽井沢が文化の理想郷のイメージとして大衆に普及、固定されていった[124]。小説としては、古くは堀辰雄の『風立ちぬ』(1938年)や三島由紀夫の『仮面の告白』(1949年)、近年では内田康夫の『信濃のコロンボシリーズ』(1987年 - )などがある。深い森や霧の情景に山荘や洋館、教会が点在している様、また避暑客のハイカラで大正ロマンなイメージ像などが相まって、ミステリーやサスペンスの舞台としても軽井沢は頻繁に登場する。北原白秋の詩『落葉松』(1929年)は、星野温泉に滞在した際のカラマツ林の光景を描いたものと言われている[125]。スタジオ・ジブリ作品では、『風立ちぬ』(2013年)に軽井沢が登場している。また『思い出のマーニー』(2014年)に登場する屋敷は、『軽井沢タリアセン』内にある朝吹常吉の別荘『睡鳩荘』[注 21]が初期イメージスケッチの参考になっている[126]。, 町による『軽井沢町の善良なる風俗維持に関する条例・要綱』や『軽井沢町の自然保護のための土地利用行為の手続等に関する条例及び軽井沢町自然保護対策要綱』、また県による『長野県景観条例』などの各種条例・要綱によって、良好な景観又は風致を維持するためのまちづくりが行われている[128]。そのため建造物の高さや外壁・屋根の色彩、屋外広告物の形状や面積など、あらゆる場面で独自の制限が課せられている。特に『午後11時から午前6時までのコンビニを含む商店の営業又は作業』を条例で原則禁止にしていることは、地域内外問わずよく知られている[要出典]。, 明治期は、宣教師の清貧で質素な生活様式を反映した建築物が多く造られた。一般に『軽井沢バンガロー』と呼ばれている[129]。これらの建築物において特筆すべき点は、建物の随所に日本的な装飾が施されていることである。同時期に日本人の設計・施工による純西洋建築である旧三笠ホテルが建設されたことなどを考慮すると、ここに文化の調和を目指す双方の意図を汲み取ることができる。, 大正から昭和初期は、依然として外国人向けの簡素な建築物がW.M.ヴォーリズやA.レーモンドらによって建てられたほか、建設会社あめりか屋などによる豪華絢爛な西洋建築が散見されるようになる。これらの多くは日本の上流階級の人々によって所有された。また一方では別荘地開発が進み、これまで旧軽井沢に密集していた別荘は、西側、南側へと範囲を拡大していった。, 戦後に入ると、避暑に来る外国人は減少し、日本人向けの観光地として隆盛した。高度経済成長や別荘ブームの影響もあり、地元建設業者や大手ハウスメーカーによる中価格・高価格帯の別荘が増加した。また企業や大学の大規模な保養所やリゾートマンション、観光客向けのペンションなども建てられるようになった。そして同時に「建築の実験場」としても機能しはじめ、モダニズム建築やデザイナーズ住宅がよく見られるようになった。有名な例として、吉村順三設計の別荘群や西沢立衛設計の千住博美術館などがある。2017年には、ニューヨークタイムズに軽井沢のモダニズム建築群が紹介された[130]。, 別荘地づくりの特徴として、1972年に制定された『軽井沢自然保護対策要綱』に準じた建築とともに, などは、概ねどのエリアの別荘地にも見られる光景である。ただしこれらの特徴は条例などの規定にはなく成立時期も不明なため、軽井沢に伝わる一種の慣習と言える。これらの特徴により町全体に景観の統一感が生まれるため、『軽井沢ブランド』を語る上では欠かせない条件となっている。芥川龍之介の滞在日記には、1925年の時点で既に石垣を積んだ別荘の様子が描写されている[131]。, 各種文献の引用については、著作権切れの作品においては一部旧字体から新字体への改変、ルビの省略など、読みやすいよう適宜修正を施している。なお著作権のある作品については、原文を掲載している。また引用文中の3点リーダーは原文の通り、2倍リーダーは省略記号として用いている。英文については、著作権切れの作品においては和訳を丸括弧によって英文後に併記している。主に引用者による和訳を記載しているが、翻訳物の存在を確認できた作品においてはその翻訳を記載している(引用元は出典に記載)。, よく知られた地名であるため、周辺の自治体においても「軽井沢」を名乗る場所や施設名が多数存在する。軽井沢町内の「旧軽井沢」「新軽井沢」の呼称になぞらえた表現である。「旧軽井沢」「新軽井沢」以外は軽井沢町内の「中軽井沢」「南軽井沢」を含めてすべて別荘地開発に由来する地名である。, 私はそういう長い散歩によって一層生き生きした呼吸をしている自分自身を見出した。それにこの土地に滞在してからまだ一週間かそこいらにしかならないけれど、この高原の初夏の気候が早くも私の肉体の上にも精神の上にも或る影響を与え出していることは否めなかった。, In addition to the heavier rainfall at Karuizawa there are the morning and evening mists already spoken of.

Twitter ユーザー情報を読み込めません 凍結, 内閣官房副長官 古谷, 炭治郎 両親, 冨岡義勇 羽織 あつ森, エヴァ 初号機 イラスト かわいい, Countifs 複数列 Value, Twitter 制限に達しました, オセルタミビル 作用機序, うろこだきさこんじ 折り紙, 鬼滅の刃 考察 上弦, アンハサウェイ レミゼラブル, ミスシャーロック 3話 無料動画, 美食探偵 最終回 漫画, 美食探偵 ドラマ キャスト, スパイダーマン 名言, イヌブナ 花, タイプ 類語, 梅ちゃん エール, サイモン ゲーム, オランダ 首都 ハーグ, 山崎育三郎 ファンクラブ, 赤木 ナオコ,

-未分類

Copyright© きのっこラボ🍄 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.